Wednesday, September 30, 2015

三菱電機 就職 エピソード

三菱電機 就職 エピソード
Job hunting, Mitsubishi electric


3月中旬 合同説明会、マイページに登録
4月中旬 三菱電機説明会、当日に見学会があるとわかり、リクルーターがいなくても人事の方に見学会を頼むこと
5月中旬 尼崎にて研究所の見学会または1次面談、ここで個別見学会が決定
5月下旬 尼崎にて研究所の個別見学会または2次面談ここで面接が決定
6月中旬 手書きのエントリーシートを提出、SPIを行うこと
6月下旬 尼崎にて研究所で1次面接
8月上旬 本社で最終面接
8月上旬 内定


詳細:

1次面談
5月中旬
見学会の形で面接
2つのグループ(4人と5人)に分けられ、1人はだいたい以下の通りの時間。
自己紹介2分程度、研究内容3分程度、質疑応答。
対策:
事前にきちんと研究内容と自己分析をすること
シンプルでわかりやすい研究内容を説明すること
緊張せずにリラクスすること
質問:
なぜ今の研究が必要か
リーダーシップエピソード
モノづくりの業界になぜ入りたいか
*終わったら人事の方と話し、「リクルーターがいなくても根性は持っている」と多少アピールすることから、人事の方に個別見学会を勧められたことで、センサ応用と制御部署に個別見学会をやりたいことを伝えた
**次の日に駆動制御の個別見学会が決定


2次面談と1次面接はほぼ同じ
5月下旬と6月下旬
個別見学会の形で個人面接
事前にいくつかの書類が送られ、すべて記入すること
研究内容をpdf形式で送ること(フォーマット自由)
履歴書をワード形式で送ること
研究内容を10分以内でパワーポイントで発表すること(ノートパソコン持参)、質疑応答
対策:
1次面接と同じ
質問:
なぜ今の研究が必要か、研究内容の詳細
リーダーシップエピソード
苦労したエピソードとそこから学ぶこと
自分の強みとそのエピソード
志望動機
なぜ大学の教員/助手じゃなく、企業に入りたいか
現在の住まいは東京だけど、関西に行ってもいいか
(私はイスラム教徒のため)お祈り、食事等の宗教について
逆に自分からの質問:
仕事のやりがい
仕事することにおいて必要なこと
今までの採用された学生は何の専攻の方だったか
*終わったら人事の方と話し、「推薦に切り替えることはできるか」と聞かれた


最終面接
8月上旬
最終面接
最終面接の際は論作文「手書きの履歴書や小論文(当時はあなたを表す文字を書き、説明せよ)」
対策:
1次面接と同じ
質問:
自己紹介
研究内容を3分以内に話すこと
なぜ今の研究が必要か、研究内容の詳細
苦労したエピソードとそこから学ぶこと
自分の強みとそのエピソード
志望動機
なぜ大学の教員/助手じゃなく、企業に入りたいか
逆に自分からの質問:
これからに事業展開


しっかり自己分析をすること、面接またはしゃべることのストーリーテリングの練習を鏡の前と人の前にすることが大事だと思います。
リクルーターはいないから優先されない、最新情報を知ることが遅れる、ライバルが帝国大学や名門大学ばかりで大変だが、きちんと自分の根性、人間力、できることをアピールができれば、問題ないと思います。ただしアピールしすぎはあまり良くないと思います。

No comments:

Post a Comment